P 情報

PHONETIC関数 ふりがなを取得する

投稿日:2018年1月20日 更新日:

PHONETIC関数

PHONETIC関数(フォネティック関数)はふりがなを取得する関数です。

名前のふりがなを取得します。

 

ふりがなを取得したいセルを指定。

 

ふりがなが取得されました。

 

ひらがなで、ふりがなを取得したい場合は、

名前のセルを選択し、ふりがなの設定をクリック。

 

ひらがなのオプションボタンを押してOKをクリック。

 

 

ひらがなのふりがなになりました。

 

 

PHONETIC関数で問題があります。

PHONETIC関数はふりがな情報をもっているものしか取得できません。

上記のセルB4ように、入力するときに一度で名前を変換できず、

一文字ずつ入力した場合、ススムイチという変なふりがなになってしまいます。

また、セルB5のように、どこかからコピペした名前は、ふりがな情報がないために取得できません。

 

そこでVBAを使う方法があります。

ふりがな情報がないものでもふりがな情報をつけることができます。

 

上記のように、ふりがな情報がない一覧があります。

C列にPHONETIC関数を入力しても、取得しません。

 

Alt + F11 キーを押してください。

VBAエディタが表示されます。

 

そして挿入から標準モジュールを選択。

 

そこに以下を入力(コピペしてください)。

Sub furigana()
Selection.SetPhonetic
End Sub

 

名前のセルを選択。

 

表示タブにある、マクロの表示をクリック。

 

実行を押してください。

 

ふりがな情報が取得できました。

 

後はVBAは必要ないので(このまま保存したい場合は拡張子が変わります)、

標準モジュールにあるModule1を右クリック、

Module1の解放を選択。

 

ダイアログボックスが出ますので、いいえをクリックしてください。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

-P, 情報
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

PEARSON関数 ピアソンの積率相関係数の値をかえします

ERROR.TYPE関数 エラーの種類を数値で返す 書式設定などに便利

ISTEXT関数 対象となる値が文字列のときTRUEをかえします

ISNA関数 値がエラー値#N/AのときTRUEをかえします

INFO関数 現在の操作環境に関する情報を返します

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。