O 論理

OR関数 ひとつでも条件を満たしているか判別する

投稿日:

OR関数

OR関数(オア関数)は、ひとつでも条件を満たしているか判別する関数です。

条件は1個から255個まで設定できます。

条件をひとつでも満たしている場合は TRUE(トゥルー)が返ります。

条件をひとつも満たさない場合は FALSE(フォールス)が返ります。

TRUE(トゥルー)の意味は 真です。

FALSE(フォールス)の意味は 偽です。

 

果物の一覧があったとします。

条件は3つ。

その条件のいずれかでも、満たしているものを一覧から探したいです。

品目は りんご

単価は 500円以上

卸値は 400円未満

 

以上と以下は、基準となる値を含んでいるという事です。

100円以上は、100円かそれ以上という事です。(>=100)

100円以下は、100円かそれ以下という事です。(<=100)

 

未満と超は、基準となる値を含みません。

100円未満は、100円は含まずそれより少ないという事です。(<100)

100円超は、100円は含まずそれより多いという事です。(>100)

 

条件を、理論式1,2,3に順番に入力します。

品目セルは(B3)りんご とイコール(=)が条件。

単価セルは(C3)500以上(>=)が条件。

卸値セルは(D3)400未満(<)が条件。

 

条件に合っているセルはTRUEが返ります。

条件に合ってないセルはFALSEが返ります。

 

AND関数とOR関数は、IF関数と一緒に使う場合が多いです。

AND関数については以下の記事で説明しています。

ANDとORの違いについても、見て頂ければ理解できると思います。

AND関数 すべての条件を満たしているか判別する

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-O, 論理
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

OFFSET関数 指定された行数と列数をシフトした位置または範囲の参照を返します

OCT2HEX関数 8進数を16進数に変換します

IF関数 理論式の結果に応じて指定した値をかえします

ODD関数 数値を切り上げて最も近い奇数にします

IFERROR エラーを表示させない

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。