R 数学/三角

RANDBETWEEN関数 指定された範囲でランダムな数字を返します

投稿日:2018年1月30日 更新日:

RANDBETWEEN関数

RANDBETWEEN関数(ランダム・ビトウィーン関数)は、指定された範囲でランダムな数字を返します。

乱数については以前以下の記事でご説明しました。

RAND関数 ランダムな数字を返します

 

RANDBETWEEN関数は指定された範囲で乱数を返すので。

たとえばロト6のように、1から43の数字を選ぶ場合、上記のようにしています。

 

そして6つ、数式をコピーします。

F9を押せば、毎回ランダムに、1から43の数値を返してくれます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-R, 数学/三角
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

RIGHT関数 文字列の末尾から指定した数の文字をかえします

ROUND関数・ROUNDDOWN関数・ROUNDUP関数の違いまとめ

LCM関数 指定された整数の最小公倍数をかえします

CEILING.MATH関数 数値を切り上げて指定された基準値の倍数に最も近い値にします

RADIANS関数 度をラジアンに変換します







  • 1,083,006 アクセス