数学/三角

SUM関数 セル範囲に含まれる数値をすべて合計します

投稿日:2018年2月6日 更新日:

SUM関数

SUM関数(サム関数)セル範囲に含まれる数値をすべて合計します。

よく使う基本の関数ですね。

指定した範囲を合計する関数です。

セル範囲、D3からG3を指定します。

するとAの実績が合計されました。

 

次に全体の実績の合計をもとめます。

上記の図のように、実績合計セルを指定します。

 

上記のように、指定する事も出来ます。

 

SUM関数は合計セルを1~255個まで指定できます。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

-, 数学/三角
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

SEARCH関数 文字列を検索し位置をかえします

FACT関数 数値の階乗をかえします

STDEV.S関数 引数を標本と見なし標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します

SMALL関数 データの中で指定された番目に小さなデータを返します

ROUNDDOWN関数・TRUNC関数の違いまとめ




人気記事




  • 506,201 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。