数学/三角

SUM関数 セル範囲に含まれる数値をすべて合計します

投稿日:2018年2月6日 更新日:

SUM関数

SUM関数(サム関数)セル範囲に含まれる数値をすべて合計します。

よく使う基本の関数ですね。

指定した範囲を合計する関数です。

セル範囲、D3からG3を指定します。

するとAの実績が合計されました。

 

次に全体の実績の合計をもとめます。

上記の図のように、実績合計セルを指定します。

 

上記のように、指定する事も出来ます。

 

SUM関数は合計セルを1~255個まで指定できます。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

-, 数学/三角
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

MMULT関数 2つの配列の行列積をかえします

SUBTOTAL関数 データの集計値を返す

SQRTPI関数 数値×πの平方根をかえします

SHEET関数 参照シートのシート番号を返します

ACOSH関数 数値のハイパーボリックアークコサイン(双曲線逆余弦)をかえします




人気記事




  • 271,531 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。