T 文字列操作

TRIM関数 単語間のスペースを1つ残して不要なスペースを除きます

投稿日:2018年3月1日 更新日:

TRIM関数

TRIM関数(トリム関数)単語間のスペースを1つ残して不要なスペースを除きます。

 

名簿の管理などに役立ちます。

不要なスペースがあると、ラベル印刷などするときに困りますね。

上記のように、スペースがある名簿をなおしたいと思います。

 

TRIM関数を入力。

文字列は名前のセルを選択します。

 

名前の前にあった空白がなくなりました。

次に、名前の間に全角と半角のスペースがあるとします。

セルB4は、はじめが半角スペース、次に全角スペースです。

セルB5は、はじめが全角スペース、次に半角スペースです。

 

同じようにTRIM関数を入力します。

上記の図にあるように、半角全角の区別はなく。

はじめにあったスペースが優先されて、その次のスペースから削除されるようです。

なので、B4は半角スペースが残り、B5は全角スペースが残る結果となりました。

 


派遣社員ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

-T, 文字列操作
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ROUNDDOWN関数・TRUNC関数の違いまとめ

LENB関数 文字列の文字数をバイト単位で返します

TRUNC関数 数値を切り捨てて指定された桁数にします

LEFTB関数 文字列の先頭から指定された数(バイト数)の文字を返します

TIMEVALUE関数 文字列からシリアル値をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。