A 統計

AVERAGE関数 平均値を返します

投稿日:2018年3月8日 更新日:

AVERAGE関数

AVERAGE関数(アベレージ関数)平均値を返します。

 

上記の図のように、店舗ごとの平均を出したいと思います。

 

AVERAGE関数を入力します。

数値1に店舗の数値部分、4月~7月を指定。

OKボタンを押します。

 

平均値が返りました。

 

数値2の欄があります。

例えば上記の図の様に、セルが離れている範囲を選択して平均値を出す場合に使います。

数値1にはA支店の4月~7月を選択。

数値2にはC支店の4月~7月を選択。

 

セルが離れていても平均値が算出できました。

 


派遣社員ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

-A, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

CONFIDENCE.NORM関数 正規分布を使用して母集団の平均値に対する信頼区間をかえします

MAX関数 最大値を取得します

DEVSQ関数 標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします

VARA関数 数値・文字列・論理値を含む母集団の標本を使って分散を返します

QUARTILE.EXC関数 データ配列の四分位数をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。