A 統計

AVERAGE関数 平均値を返します

投稿日:2018年3月8日 更新日:

AVERAGE関数

AVERAGE関数(アベレージ関数)平均値を返します。

 

上記の図のように、店舗ごとの平均を出したいと思います。

 

AVERAGE関数を入力します。

数値1に店舗の数値部分、4月~7月を指定。

OKボタンを押します。

 

平均値が返りました。

 

数値2の欄があります。

例えば上記の図の様に、セルが離れている範囲を選択して平均値を出す場合に使います。

数値1にはA支店の4月~7月を選択。

数値2にはC支店の4月~7月を選択。

 

セルが離れていても平均値が算出できました。

 


派遣社員ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

-A, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

RANK関数・RANK.EQ関数・RANK.AVG関数の違いまとめ

ASINH関数 数値の双曲線逆正弦をかえします

COUNTIFS関数 複数の特定条件に一致するセルの個数をかえします

CHISQ.DIST.RT関数 カイ2乗分布の右側確率の値をかえします

ADDRESS関数 指定したセルの参照を文字列としてかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。