A 統計

AVERAGE関数 平均値を返します

投稿日:2018年3月8日 更新日:

AVERAGE関数

AVERAGE関数(アベレージ関数)平均値を返します。

 

上記の図のように、店舗ごとの平均を出したいと思います。

 

AVERAGE関数を入力します。

数値1に店舗の数値部分、4月~7月を指定。

OKボタンを押します。

 

平均値が返りました。

 

数値2の欄があります。

例えば上記の図の様に、セルが離れている範囲を選択して平均値を出す場合に使います。

数値1にはA支店の4月~7月を選択。

数値2にはC支店の4月~7月を選択。

 

セルが離れていても平均値が算出できました。

 


派遣社員ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

-A, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ACCRINT関数 定期的に利息が支払われる証券の未収利息額をかえします

FREQUENCY関数 条件を指定して度数分布表をつくる

AVERAGEA関数 AVERAGE関数との違いについて

STDEVPA関数 数値・文字列・論理値を母集団全体とし母集団の標準偏差を計算します

AVEDEV関数 データの平均偏差をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。