C 統計

COUNTIFS関数 複数の特定条件に一致するセルの個数をかえします

投稿日:2018年3月13日 更新日:

COUNTIFS関数

COUNTIFS関数(カウントイフ・エス関数)複数の特定条件に一致するセルの個数をかえします。

COUNTIF関数については前回記事にしました。

COUNTIFS関数はCOUNTIF関数よりさらに条件を指定する事ができます。

COUNTIF関数 検索条件に一致するセルの個数をかえします

 

上記の図のように、2つの条件を満たすセルの件数を数えたいと思います。

検査結果で、2以上6以下を異常なしとし、件数をもとめたいです。

 

COUNTIFS関数を入力します。

COUNTIFS関数では、検索条件は1~127指定できます。

検索条件範囲は1~127個すべて同じ範囲でなくてはなりません。

 

検索条件範囲1と2は、検査結果の数字部分を指定します。

検索条件1は、2以上ですから ””ダブルクオーテーションで囲み、”>=2” と指定。

※以上以下は、基準となるその値も含んでいます。

検索条件2は、6以下ですから ””ダブルクオーテーションで囲み、”<=6” と指定。

 

複数条件のセルの個数がかえりました。

条件の指定にはいろいろな方法があります。

次回記事にしたいと思います。

 

 


派遣社員ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

-C, 統計
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

CONFIDENCE.NORM関数 正規分布を使用して母集団の平均値に対する信頼区間をかえします

AVERAGE関数 平均値を返します

RANK関数・RANK.EQ関数・RANK.AVG関数の違いまとめ

PERCENTILE.INC関数 データを小さい順に並べた時指定した率の位置にある数値を返す

STDEVA関数 数値・文字列・論理値を標本と見なし母集団の標準偏差の推定値を返します。




人気記事




  • 271,531 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。