R 統計

RANK.EQ関数 数値が参照範囲内で何位かかえします

投稿日:2018年3月19日 更新日:

RANK.EQ関数

RANK.EQ関数(ランク・イコール関数)数値が参照範囲内で何位かかえします。

RANK.EQ関数は2010で新しくなった関数です。

以前はRANK関数でしたが、使い方はまったく同じです。

RANK関数については前回記事にしました。

RANK関数 数値が参照範囲内で何位かかえします

 

RANK.EQ関数はその数値が、参照で指定した範囲内で何位かをもとめる関数です。

数値には、順位をもとめたい数値を指定します。

参照には、順位をもとめたい範囲すべてを選択します。

順序は0か省略なら降順で順位が算出されます。

0以外なら昇順で順位が算出されます。

今回は順序は省略しました。

 

指定した範囲の順位が降順で算出されました。

 

今度は順序を0以外で指定します。

0以外なので、1としてみます。

 

昇順で順位が算出されました。

 


派遣社員ランキング
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-R, 統計
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

SMALL関数 データの中で指定された番目に小さなデータを返します

STDEV.P関数 引数を母集団全体であると見なして母集団の標準偏差を返します

MAXA関数 数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします

WEIBULL.DIST関数 ワイブル分布の値をかえします

CORREL関数 2つのデータ間の相関係数を返します




人気記事




  • 765,863 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。