R 統計

RANK.AVG関数 複数の値が同じ順位にある場合平均の順位がかえされます

投稿日:

RANK.AVG関数

RANK.AVG関数(ランクアベレージ関数)複数の値が同じ順位にある場合平均の順位がかえされます。

RANK.AVG関数は2010で新しくなった関数です。

RANK.AVG関数とRANK.EQ関数の二つになりました。

RANK.EQ関数とRANK関数については前回記事にしました。

RANK関数 数値が参照範囲内で何位かかえします

RANK.EQ関数 数値が参照範囲内で何位かかえします

 

使い方はRANK.EQ関数とRANK関数と同じです。

数値には、順位をもとめたい数値を指定します。

参照には、順位をもとめたい範囲すべてを選択します。

順序は0か省略なら降順で順位が算出されます。

0以外なら昇順で順位が算出されます。

今回は順序は省略しましたので降順で順位がかえされます。

 

順位が算出されました。

ここで、4位が3つある事がわかります。

数値が同じ店舗が3つあるからです。

 

降順に並び替えて見てみます。

1位、2位ときて、次が4位になっています。

RANK.EQ関数とRANK関数で算出した場合は、3つとも3位になります。

 

順位が同じではなかった場合、3位、4位、5位となった訳ですが。

 

RANK.AVG関数はこの3位、4位、5位の平均の数値、4位をかえします。

 


派遣社員ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

-R, 統計
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

CHISQ.INV関数 カイ2乗分布の左側確率の逆関数の値をかえします

ROUNDUP関数 数値を切り上げて指定された桁数にします

PERCENTILE.EXC関数 データを小さい順に並べた時指定した率の位置にある数値を返す

STDEV.S関数 引数を標本と見なし標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します

BINOM.DIST関数 二項分布の確率をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。