I 検索/行列

INDEX関数 セル範囲または配列から指定された位置の値をかえします

投稿日:2018年3月22日 更新日:

INDEX関数

INDEX関数(インデックス関数)セル範囲または配列から指定された位置の値をかえします。

INDEX関数はとても便利な関数です。

いろいろな使い方がありますが、今回は基本を説明したいと思います。

 

たとえば上記の図の様な一覧があったとします。

3行目で、5列目の値をもとめたい。

 

関数の挿入でINDEX関数を選択します。

 

INDEX関数には2通り使い方があります。

配列形式とセル範囲形式です。

今回は配列形式を選択し、OKボタンを押します。

 

配列には、あいうえお・・・の文字が入っている範囲を選択します。

行番号は3、列番号は5を指定します。

 

行番号3で、列番号が5の、交差する範囲にある、ぬ が算出されました。

 

 


派遣社員ランキング
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-I, 検索/行列
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

AREAS関数 指定された領域の個数をかえします

ISERROR関数 値がエラーのときTRUEをかえします

OFFSET関数 指定された行数と列数をシフトした位置または範囲の参照を返します

SUM関数・IF関数でで条件を指定した順位をかえす

SUM関数・IF関数でで条件を指定した順位をかえす 関連

IMCOS関数 複素数のコサインをかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。