I 検索/行列

INDEX関数 セル範囲または配列から指定された位置の値をかえします

投稿日:2018年3月22日 更新日:

INDEX関数

INDEX関数(インデックス関数)セル範囲または配列から指定された位置の値をかえします。

INDEX関数はとても便利な関数です。

いろいろな使い方がありますが、今回は基本を説明したいと思います。

 

たとえば上記の図の様な一覧があったとします。

3行目で、5列目の値をもとめたい。

 

関数の挿入でINDEX関数を選択します。

 

INDEX関数には2通り使い方があります。

配列形式とセル範囲形式です。

今回は配列形式を選択し、OKボタンを押します。

 

配列には、あいうえお・・・の文字が入っている範囲を選択します。

行番号は3、列番号は5を指定します。

 

行番号3で、列番号が5の、交差する範囲にある、ぬ が算出されました。

 

 


派遣社員ランキング
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-I, 検索/行列
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ISNUMBER関数 対象となる値が数値のときTRUEをかえします

IMSIN関数 複素数のサインをかえします

VLOOKUP関数 先頭列で検索して対応する値をかえします

IMCOS関数 複素数のコサインをかえします

INT関数 数値を最も近い整数に切捨てます

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。