■ 目的別

目的別 INDEX関数・SUM関数で指定した範囲の合計をかえします

投稿日:2018年3月23日 更新日:

INDEX関数・SUM関数

INDEX関数・SUM関数で指定した範囲の合計をかえします。

前回INDEX関数について記事にしました。

INDEX関数 セル範囲または配列から指定された位置の値をかえします

 

INDEX関数で指定の位置をかえし、それをSUM関数で合計します。

指定範囲は2行目。

2行目を合計したいと思います。

 

まずSUM関数を入力。

数値1にINDEX関数をネスト(入れ子)していきます。

 

INDEX関数は前回記事にした通り。

配列には、数値部分を指定します。

行番号は2行目なので、2を入力。

列は指定しないので、0と入力します。

 

2行目の数値が合計されました。

また他のいろいろなINDEX関数の使い方を記事にしたいと思います。

INDEX関数は使い方のこつをつかむと、とても便利な関数です。

 


派遣社員ランキング
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-■ 目的別
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

目的別 VLOOKUP関数の範囲をOFFSET関数を使って可変にする

目的別 Power Queryを使ってみる

目的別   目的別 Power Queryを使ってみる Power Query は、データ ソースを、接続、結合、絞り込みなどで分析する機能です。 Power Queryは2016からアドイ …

目的別 タイムカードの勤務時間を切り上げ・切捨てる

目的別 列方向の空白を詰める

目的別 別々に入力された年月日を結合する




人気記事




  • 272,409 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。