I 情報

ISODD関数 値が奇数のときにTRUEを返します

投稿日:

ISODD関数

ISODD関数(イズ・オッド関数)値が奇数のときにTRUEを返し、偶数のときFALSEを返します。

 

上記図のように、数値を奇数か偶数か判断したいと思います。

ISODD関数を入力。

数値セルを指定します。

 

奇数の場合TRUEが返りました。

偶数の場合はFALSEが返りました。

 


派遣社員ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

-I, 情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ISTEXT関数 対象となる値が文字列のときTRUEをかえします

ISNA関数 値がエラー値#N/AのときTRUEをかえします

IMCONJUGATE関数 複素数の複素共役をかえします

ISERR関数 #N/A以外のエラー値の時にTRUEを返します

IMREAL関数 複素数の実数係数をかえします




人気記事




  • 769,940 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。