R 文字列操作

RIGHT関数 文字列の末尾から指定した数の文字をかえします

投稿日:

RIGHT関数

RIGHT関数(ライト関数)文字列の末尾から指定した数の文字をかえします。

 

RIGHT関数、その名の通り、文字列の右側から指定した数だけ文字列を返します。

RIGHT関数を入力します。

文字列のセルを指定します。

文字数を指定、今回は3としました。

OKボタンを押します。

 

文字列の右側から3文字かえりました。

 

 


派遣社員ランキング
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 

-R, 文字列操作
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

CONCATENATE関数 使い方

RECEIVED関数 全額投資された証券に対して、満期日に支払われる金額を返します

VALUE関数 文字列として入力されている数字を数値に変換します

ROMAN関数 アラビア数字をローマ数字に変換します

REPLACEB関数 指定された数の文字を他の文字に置き換えます(バイト単位)




人気記事




  • 1,021,947 アクセス