I 情報

ISREF関数 セルの内容が参照である場合にTRUEを返します

投稿日:2018年5月2日 更新日:

ISREF関数

ISREF関数(イズ・リファレンス関数)セルの内容が参照である場合にTRUEを返します。

 

 

テストの対象が、セル内容の参照であるか判断します。

まずはテスト対象にセルA1を指定します。

すると赤枠にある通り、TRUEが返りました。

セル参照です(正)と返りました。

 

 

次に、テストの対象にA0と入力します。

セルA0は存在しません。

なので、赤枠にある通り、FALSEがかえりました。

 


派遣社員ランキング
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-I, 情報
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IMARGUMENT関数 引数Θ(複素数を極形式で表現した場合の偏角)を返します

NA関数 エラー値#N/Aをかえします

IMSUM関数 複素数の和をかえします

ISNA関数 値がエラー値#N/AのときTRUEをかえします

ERROR.TYPE関数 エラーの種類を数値で返す 書式設定などに便利




人気記事




  • 769,943 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。