O 検索/行列

OFFSET関数 指定された行数と列数をシフトした位置または範囲の参照を返します

投稿日:

OFFSET関数

OFFSET関数(オフセット関数)指定された行数と列数をシフトした位置または範囲の参照を返します。

OFFSET関数は、理解するととても便利な関数です。

 

上記の図のような、あいうえお一覧があります。

参照は基準となる位置の事。ここでは、”あ”のセルB2とします。

”あ”のセルB2を基準として、行数は4行、列数は3列と指定します。

 

すると、”と”がかえりました。

B2を基準として、4行下がり、3列移動した位置です。

 

次は、1の数字が入った一覧です。

まずSUM関数を入力。

SUM関数の中にOFFSET関数を入れ子します。

 

参照(基準)は先ほどと同じくB2とします。

今度は行列は指定しません。

高さと幅を3とします。

OKボタンを押します。

 

セルB2を基準として、セル範囲B2:D4が返りました。

SUM関数に入れ子したので、合計9となりました。

 


派遣社員ランキング
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-O, 検索/行列
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

INDEX関数 セル範囲または配列から指定された位置の値をかえします

LOOKUP関数 配列を検索し対応する値をかえします

TRANSPOSE関数 指定された配列の行列変換を行います

CHOOSE関数 インデックスで指定した値を返します

HYPERLINK関数 ドキュメントを開くためのリンクを作成します

人気記事




  • 31,963 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。