文字列操作

SEARCH関数 文字列を検索し位置をかえします

投稿日:2018年5月17日 更新日:

SEARCH関数

SEARCH関数(サーチ関数)文字列を検索し位置をかえします。

 

SEARCH関数は文字列から、指定された文字列を検索し、位置をかえします。

SEARCH関数を入力します。

検索もじれつは”みかん”。

対象はセルを選択。

開始位置はブランクにします。

 

文字列から、”みかん”の文字列の位置がかえりました。

りんごももみ・・・で、6の位置という事です。

 

では次に数値から 22 を検索します。

検索文字列は 22

対象は文字列が入っているセルを選択。

開始位置は4とします。

 

文字の位置は7とかえりました。

1122・・・の4番目から22を検索するという事です。

7番目とかえりました。

 

 

 


派遣社員ランキング
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-, 文字列操作
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

STDEV.P関数 引数を母集団全体であると見なして母集団の標準偏差を返します

FIXED関数 数値を四捨五入し書式設定した文字列をかえします

YEN関数 数値を四捨五入し円書式を設定した文字列に変換します

REPT関数 文字列を指定された回数だけ繰り返します

LEFT関数 文字列の先頭から指定された数の文字をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。