M 統計

MODE関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします

投稿日:2018年5月29日 更新日:

MODE関数

MODE関数(モード関数)データの中で最も頻繁に出現する値をかえします。

MODE関数は互換性関数です。

Excel2007以前のバージョンとの互換性を保つために用意されています。

Excel2010からはMODE.SNGL関数にかわりました。

 

MODE関数を入力します。

数値1に最頻値をもとめたいセルをします。

数値1、数値2・・・と、セル参照を255個まで指定できます。

 

最頻値2がかえりました。

 

MODE関数では、最頻値がない場合エラーとなります。

 

また、最頻値が2つ以上あった場合、一番上に出現した値が優先されます。

 

 


派遣社員ランキング
 

 

-M, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

NEGBINOM.DIST関数 負の二項分布をかえします

RANK.EQ関数 数値が参照範囲内で何位かかえします

MAXA関数 数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします

CORREL関数 2つのデータ間の相関係数を返します

STDEVPA関数 数値・文字列・論理値を母集団全体とし母集団の標準偏差を計算します




人気記事




  • 1,062,265 アクセス