M 統計

MODE関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします

投稿日:2018年5月29日 更新日:

MODE関数

MODE関数(モード関数)データの中で最も頻繁に出現する値をかえします。

MODE関数は互換性関数です。

Excel2007以前のバージョンとの互換性を保つために用意されています。

Excel2010からはMODE.SNGL関数にかわりました。

 

MODE関数を入力します。

数値1に最頻値をもとめたいセルをします。

数値1、数値2・・・と、セル参照を255個まで指定できます。

 

最頻値2がかえりました。

 

MODE関数では、最頻値がない場合エラーとなります。

 

また、最頻値が2つ以上あった場合、一番上に出現した値が優先されます。

 

 


派遣社員ランキング
 

 

-M, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

SKEW関数 分布の歪度をかえします

VARA関数 数値・文字列・論理値を含む母集団の標本を使って分散を返します

MROUND関数 指定された値の倍数になるように数値の切り上げ切捨てをおこないます

MINUTE関数 シリアル値から分をかえします

AVERAGEA関数 AVERAGE関数との違いについて

人気記事




  • 31,964 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。