M 統計

MODE.SNGL関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします

投稿日:2018年5月30日 更新日:

MODE.SNGL関数

MODE.SNGL関数(モード・シングル関数)データの中で最も頻繁に出現する値をかえします。

Excel2010で追加された関数です。

Excel2007以前のバージョンではMODE関数を使います。

 

MODE.SNGL関数は頻繁に出現する値、最頻値をかえします。

数値1に最頻値をもとめたいセルを指定。

数値1~255個までセル参照を指定できます。

 

セル参照の中で、最頻値の2がかえりました。

 

最頻値がない場合、エラーが返ります。

 

また、最頻値が2つ以上あった場合、一番上に出現した値が優先されます。

 


派遣社員ランキング
 

-M, 統計
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

STDEVA関数 数値・文字列・論理値を標本と見なし母集団の標準偏差の推定値を返します。

FISHER関数 フィッシャー変換の値をかえします

AVERAGEIFS関数 特定の条件(複数)に一致する数値の平均をかえします

RANK.AVG関数 複数の値が同じ順位にある場合平均の順位がかえされます

QUARTILE.EXC関数 データ配列の四分位数をかえします




人気記事




  • 251,495 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。