M 統計

MAXA関数 数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします

投稿日:2018年6月13日 更新日:

MAXA関数

MAXA関数(マックス・エー関数)数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします。

以前MAX関数について記事にしました。

MAX DMAX関数 最大値を取得します

MAXA関数とMAX関数の違いは、MAXA関数では文字列・論理値も計算の対象となる点です。

文字列は0とみなされます。

論理値は、TRUEは1、FALSEは0とみなされます。

 

MAXA関数を入力。

値1に最大値を判断したいセルを選択します。

 

論理値は1、文字列は0なので、最大値1が返りました。

 

 

 

派遣社員ランキング
 

 

 
エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

-M, 統計
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

FREQUENCY関数 条件を指定して度数分布表をつくる

STDEVPA関数 数値・文字列・論理値を母集団全体とし母集団の標準偏差を計算します

NORM.INV関数 正規分布関数の逆関数の値をかえします

MODE関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします

BINOM.INV関数 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。