L 文字列操作

LEFTB関数 文字列の先頭から指定された数(バイト数)の文字を返します

投稿日:2018年6月22日 更新日:

LEFTB関数

LEFTB関数(レフト・ビー関数)文字列の先頭から指定された数(バイト数)の文字を返します。

 

LEFTB関数は文字数をバイト数で指定します。

全角は2バイト、半角は1バイトです。

LEFTB関数を入力します。

文字列に、文字列の入ったセルを指定します。

今回はバイト数は5と指定します。

 

5バイトなので、全角は2つ、半角は5つ文字が返ります。

 

 

 


派遣社員ランキング
 

エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

-L, 文字列操作
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

CHAR関数 コードに対応する文字をかえします

LOG10関数 10を底とする数値の対数をかえします

CLEAN関数 文字列から印刷できない文字を削除します

LCM関数 指定された整数の最小公倍数をかえします

REPT関数 文字列を指定された回数だけ繰り返します




人気記事




  • 487,142 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。