D 文字列操作

DOLLAR関数 数値を四捨五入しドル書式を指定します

投稿日:2018年7月5日 更新日:

DOLLAR関数

DOLLAR関数(ダラー関数)数値を四捨五入しドル書式を指定します。

四捨五入に関しては、以下ROUND関数と同じです。

ROUND関数 数値を四捨五入して指定された桁数にします。

また、YEN関数について以下で記事にしましたが、YEN関数のドル版です。

YEN関数 数値を四捨五入し円書式を設定した文字列に変換します

 

DOLLAR関数を入力します。

数値に四捨五入してドル書式にしたい数値を指定します。

桁数を指定。

ドル書式で、四捨五入された値が返りました。

 


派遣社員ランキング
 

エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

-D, 文字列操作
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

LEFTB関数 文字列の先頭から指定された数(バイト数)の文字を返します

SEARCHB関数 文字列を検索し位置をかえします(バイト単位)

DVARP関数 データベースより条件を満たす値を母集団全体として母集団の分散をかえします

MID関数 フルネームから姓と名を別々に取り出す

条件付き書式 OR関数で複数条件のいずれかにあてはまるセルに色をつけます

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。