Y 日付/時刻

YEARFRAC関数 指定された2つの日付の間の日数を年を単位とする数値であらわします

投稿日:

YEARFRAC関数

YEARFRAC関数(イヤー・フラクション関数)指定された2つの日付の間の日数を年を単位とする数値であらわします。

つまり、開始日と終了日を指定すると、その間の期間が1年に対して占める割合を返す関数です。

 

YEARFRAC関数を入力します。

開始日と終了日、基準を指定します。

 

0 または省略

30 日/360 日 (NASD 方式)
1 実際の日数/実際の日数
2 実際の日数/360 日
3 実際の日数/365 日
4 30 日/360 日 (ヨーロッパ方式)

基準は、上記表のとおりです。

 

一年に占める割合がかえりました。

 


派遣社員ランキング
 

 

エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

-Y, 日付/時刻
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

MONTH関数 シリアル値から月をかえします

DAY関数 シリアル値から日をかえします

DAYS360関数 1年を360日と仮定して2つの日付の間の日数をかえします

TIME関数 指定された時刻からシリアル値を返します

EDATE関数 指定された月数だけ前または後の日付のシリアル値をかえします

人気記事




  • 27,446 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。