I 情報

INFO関数 現在の操作環境に関する情報を返します

投稿日:2018年7月11日 更新日:

INFO関数

INFO関数(インフォ関数) 現在の操作環境に関する情報を返します。

 

INFO関数を入力します。

検査の種類を指定します。

 

“directory”

カレント ディレクトリ (フォルダー) のパス名
“numfile” 開かれているワークシートの枚数
“origin” 現在ウィンドウに表示されている範囲の左上隅の絶対セル参照が “$A:” で始まる文字列として返されます。この値は、Lotus 1-2-3 R3.x との互換性を保つためのものです。実際に返される値は、現在の参照形式の設定により決まります。たとえば、D9 を使用する場合、戻り値は次のようになります。
“osversion” 現在使用されているオペレーティング システムのバージョン
“recalc” 現在設定されている再計算のモード (“自動” または “手動”)
“release” Excel のバージョン
“system” 操作環境の名前

検査の種類は上記表のとおり。

 

操作環境に関する情報が返されました。

 


派遣社員ランキング

エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

-I, 情報
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ISERR関数 #N/A以外のエラー値の時にTRUEを返します

ISNA関数 値がエラー値#N/AのときTRUEをかえします

IMREAL関数 複素数の実数係数をかえします

INDEX関数 セル範囲または配列から指定された位置の値をかえします

YIELD関数 利息が定期的に支払われる証券の利回りをかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。