C 文字列操作

CHAR関数 コードに対応する文字をかえします

投稿日:2018年8月5日 更新日:

CHAR関数

CHAR関数(キャラクター関数)コードに対応する文字をかえします。

以前CODE関数を記事にしました。

CODE関数 先頭文字の数値コードを返します

CODE関数では文字列のコードを返しましたが、CHAR関数はコードから文字列をかえします。

 

CODE関数を入力します。

数値に文字コードを指定。

 

コードに対する文字が返りました。

 

次に改行についてです。

改行の文字コードは10です。

文字列をつなげる際に、間に改行を入れたいとします。

CONCATENATE関数で、文字列1と文字列3に文字を指定。

文字列2には、CHAR(10)と入力。

 

文字列が改行され、表示されました。

今回はCONCATENATE関数を使いましたが、&(アンド)でもできます。

=B2 & CHAR(10) & C2


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング



エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

 

-C, 文字列操作
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

CONCATENATE関数 使い方

DOLLAR関数 数値を四捨五入しドル書式を指定します

JIS関数 半角英数カナ文字を全角文字に変換します

CODE関数 先頭文字の数値コードを返します

CONFIDENCE.NORM関数 正規分布を使用して母集団の平均値に対する信頼区間をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。