統計

VARA関数 数値・文字列・論理値を含む母集団の標本を使って分散を返します

投稿日:2018年8月16日 更新日:

VARA関数

VARA関数(バリアンス・エー関数)数値・文字列・論理値を含む母集団の標本を使って分散を返します。

統計関数で使う母集団とは、統計対象となるすべての集団をさします。

標本とは母集団から抽出した部分集合体です。

 

前回VAR.S関数について記事にしました。VARA関数とVAR.S関数の違いは、数値・文字列・論理値も含まれるところです。

VAR.S関数 母集団の標本を使って分散をかえします

 

VARA関数では、文字列は0、TRUEは1、FALSEは0とみなされます。

VARA関数を入力します。

分散をもとめたい値を指定。

 

文字列は0、TRUEは1、FALSEは0とみなされ、分散がかえされました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング



エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

 

-, 統計
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

STDEV.P関数 引数を母集団全体であると見なして母集団の標準偏差を返します

NORM.DIST関数 正規分布関数の値をかえします

AVEDEV関数 データの平均偏差をかえします

QUARTILE.INC関数 データの配列の四分位数をかえします

MAXA関数 数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。