関数の基本

基本的なこと 関数でワイルドカードを使用する

投稿日:2018年8月24日 更新日:

基本的なこと

基本的なこと 関数でワイルドカードを使用する

ワイルドカードとは、*(アスタリスク)、?(クエスチョン)、~(チルダ)の事を言います。

文字列を検索する時に使う便利な記号です。

 

?(クエスチョン)は、任意の 1 文字を表します。

*(アスタリスク)は、任意の文字列を表します。

~(チルダ)は、アスタリスクやクエスチョンを検索する際に使います。

以下が入力例です。

入力方法 意味
“*あ*” あ を含む文字列
“*あ” あ で終わる文字列
“あ*” あ で始まる文字列
“あ*あ” 前後が あ ではさまれている文字列
“?あ?” あ が2文字目にある3文字の文字列
“?あ” あ で終わる2文字の文字列
“あ?” あ で始まる2文字の文字列
“??あ” あ で終わる3文字の文字列
“あ???” あ で始める4文字の文字列
“あ?あ” 前後が あ ではさまれている3文字の文字列
“~*” *(アスタリスク)
“*”&”~*”&”*” *(アスタリスク)が含む文字列

 

ワイルドカードが使える関数は以下の通りです。

AVERAGEIF
AVERAGEIFS
COUNTIF
COUNTIFS
HLOOKUP
MATCH
SEARCH
SUMIF
SUMIFS
VLOOKUP

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング



エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

- 関数の基本
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

基本的なこと 絶対参照・相対参照・複合参照

基本的な事 演算子の優先順位

基本的なこと 2進法など

基本的なこと 小数点以下の計算に誤差・丸め誤差

基本的なこと 四則演算とは

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。