I エンジニアリング

IMARGUMENT関数 引数Θ(複素数を極形式で表現した場合の偏角)を返します

投稿日:2018年10月21日 更新日:

IMARGUMENT関数

IMARGUMENT関数(イマジナリー・アーギュメント関数)引数Θ(複素数を極形式で表現した場合の偏角)を返します。

 

IMARGUMENT関数を入力します。

複素数を指定します。

 

引数Θが返りました。

IMARGUMENT関数を式にすると以下の図の通りとなります。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows



エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

レンタルサーバーなら【Z.com】

-I, エンジニアリング
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

IMSUB関数 2つの複素数の差をかえします

INDIRECT関数で効率よく

YIELD関数 利息が定期的に支払われる証券の利回りをかえします

COMPLEX関数 実数係数および虚数係数を複素数に変換します

IMDIV関数 2つの複素数を割り算しその商をかえします




人気記事




  • 769,940 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。