条件付き書式

条件付き書式 空白の時・空白ではない時セルに色をつける

投稿日:2018年11月5日 更新日:

条件付き書式

条件付き書式 空白の時・空白ではない時セルに色をつける。

 

まずは空白の時に、セルに色をつけます。

書式設定したセルを選択し、条件付き書式の新規ルールを押します。

 

数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択。

 

数式に =$B3=”” と入力。

B3セルがイコール””(空白だったら)という式になります。

書式には任意のセルカラーを指定。

OKをクリック。

※セルの指定方法については以下で記事にしています。

基本的なこと 絶対参照・相対参照・複合参照

 

右下の適用をクリックします。

書式が設定され、空白セルに色がつきました。

 

次に空白ではない時、セルに色をつけます。

同じく数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択。

数式に、=$C3<>”” と入力。

セルC3が空白ではない場合、という意味になります。

任意の書式を設定し、OKをクリック。

 

空白ではないセルに色が付きました。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows




エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

レンタルサーバーなら【Z.com】

- 条件付き書式
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

条件付き書式 曜日に色をつける

条件付き書式 入力された内容が等しくないセルに色をつける

条件付き書式 書式範囲を広げる・コピーする

条件付き書式 1行おきに色を付ける 偶数・奇数

条件付き書式 AND関数で複数条件にあったセルに色をつける

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。