C 財務

CUMPRINC関数 貸付金に対して支払われる元金の累計をかえします

投稿日:

CUMPRINC関数

CUMPRINC関数(キュミュラティブ・プリンシプル関数)貸付金に対して支払われる元金の累計をかえします。

 

利率には、利率を指定します。年利なので12カ月で除算します。

期間には、支払い回数を指定します。30年の期間なので、12カ月で乗算します。

現在価値には、現在の貸付額を、現時点からの合計を指定します。

開始期には、計算の対象となる始りの期間を指定します。ここでは13年目からとなります。

終了期には、計算の対象となる終わりの期間を指定します。ここでは24年目となります。

支払い期日には、支払いの時期が、各期の期末なのか期首なのかを数値でしていします。

0が期末で、1が期首になります。

 

貸付金に対して支払われる元金の累計がかえりました。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows













 

-C, 財務
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

CONCATENATE関数 使い方

COUNTBLANK関数 空白セルの個数をかえします

CONVERT関数 数値の単位を変換します

EFFECT関数 指定された名目年利率と 1 年あたりの複利計算回数を基に実効年利率をかえします

CHOOSE関数 合計範囲を月ごとに変更します




人気記事




  • 685,946 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。