M 数学/三角

MMULT関数 2つの配列の行列積をかえします

投稿日:

MMULT関数

MMULT関数(マトリックス・マルチプリケーション関数)2つの配列の行列積をかえします。

配列の条件として、配列1 の列数は、配列2の行数と等しくなければなりません。

以下で詳しく説明します。

 

左側の4行4列のセルが配列1とします。

右側の4行1列のセルが配列2とします。

 

セルI3からI6を選択し、MMULT関数を入力します。

配列1に左のセル全体を指定。

配列2に右のセル全体を指定します。

Shift + Ctrl + Enter を押して配列形式にします。

※1つのセルのみ、計算する場合は、配列形式にする必要はありません。

 

2つの配列の行列積がかえりました。

 

セルI5、1200の答えで説明します。

配列の行列積の計算とは、以下の通りです。

100*1 + 110*2 + 120*3 + 130*4 = 1200

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows


















-M, 数学/三角
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

LOG関数 指定された底に対する数値の対数をかえします

MROUND関数 指定された値の倍数になるように数値の切り上げ切捨てをおこないます

PI関数 円周率をかえします

CEILING.MATH関数 数値を切り上げて指定された基準値の倍数に最も近い値にします

ACOSH関数 数値のハイパーボリックアークコサイン(双曲線逆余弦)をかえします




人気記事




  • 490,836 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。