M 数学/三角

MMULT関数 2つの配列の行列積をかえします

投稿日:

MMULT関数

MMULT関数(マトリックス・マルチプリケーション関数)2つの配列の行列積をかえします。

配列の条件として、配列1 の列数は、配列2の行数と等しくなければなりません。

以下で詳しく説明します。

 

左側の4行4列のセルが配列1とします。

右側の4行1列のセルが配列2とします。

 

セルI3からI6を選択し、MMULT関数を入力します。

配列1に左のセル全体を指定。

配列2に右のセル全体を指定します。

Shift + Ctrl + Enter を押して配列形式にします。

※1つのセルのみ、計算する場合は、配列形式にする必要はありません。

 

2つの配列の行列積がかえりました。

 

セルI5、1200の答えで説明します。

配列の行列積の計算とは、以下の通りです。

100*1 + 110*2 + 120*3 + 130*4 = 1200

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows


















-M, 数学/三角
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

FLOOR.MATH関数 数値を切り捨てて基準値の倍数のうち最も近い値にします

GCD関数 指定された整数の最大公約数をかえします

COMBIN関数 総数から指定された個数を選ぶ組み合わせをかえします

MDETERM関数 配列の行列式としての値をかえします

MODE.SNGL関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします




人気記事




  • 1,058,516 アクセス