P 統計

PERCENTILE.INC関数 データを小さい順に並べた時指定した率の位置にある数値を返す

投稿日:2019年1月4日 更新日:

PERCENTILE.INC関数

PERCENTILE.INC関数(パーセンタイル・インクルーシブ関数)データを小さい順に並べた時指定した率の位置にある数値を返す。

前回、PERCENTILE.EXC関数については以下で記事にしました。

PERCENTILE.EXC関数 データを小さい順に並べた時指定した率の位置にある数値を返す

 

PERCENTILE.INC関数を入力します。

配列には、位置を調べるデータ範囲を指定します。

率には、0以上1以下の数値で、調べたい位置の率を指定します。

※PERCENTILE.EXC関数は、0より大きく1未満の数値でしか指定できません。

 

指定した率の位置がかえりました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows


















 

-P, 統計
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

FREQUENCY関数 条件を指定して度数分布表をつくる

PEARSON関数 ピアソンの積率相関係数の値をかえします

PMT関数 目的の投資に必要な定期支払額をかえします

MIN関数 最小値を取得します

VAR.S関数 母集団の標本を使って分散をかえします




人気記事




  • 487,169 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。