B 統計

BETA.DIST関数 ベータ分布をかえします

投稿日:2019年1月5日 更新日:

BETA.DIST関数

BETA.DIST関数(ベータ・ディストリビューション関数)ベータ分布をかえします。

 

BETA.DIST関数を入力します。

Xには、期間A~Bの範囲で関数に代入する値を指定します。

Aには、確率分布に対するパラメータを指定します。

Bには、確率分布に対するパラメータを指定します。

関数形式には、関数の形式を論理値で指定します。TRUEの場合は累積分布関数、FALSEの場合は確率密度関数を返します。

Aには、Xの区間の下限を指定します。省略すると0とみなされます。

Bには、Xの区間の上限を指定します。省略すると1とみなされます。

 

ベータ分布がかえりました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows



















 

-B, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

VARPA関数 数値・文字列・論理値を含む母集団全体を使い分散をかえします

DEVSQ関数 標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします

MAXA関数 数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします

BESSELY関数 ベッセル関数Yn(x)をかえします

MAX関数 最大値を取得します




人気記事




  • 769,888 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。