F 文字列操作

FIXED関数 数値を四捨五入し書式設定した文字列をかえします

投稿日:2019年1月8日 更新日:

FIXED関数

FIXED関数(フィックスト関数)数値を四捨五入し書式設定した文字列をかえします。

 

FIXED関数を入力します。

数値には、四捨五入して文字列に変換したい数値を指定します。

桁数には、小数点以下の桁数を指定します。桁数を省略すると2を指定したとみなされます。

桁区切りには、TRUEを指定すると桁区切りしない、FALSEを選択すると桁区切りされます。

省略するとFALSEとみなされます。

 

数値を四捨五入し書式設定した文字列がかえりました。

四捨五入については、ROUND関数で詳しく説明しています。

ROUND関数 数値を四捨五入して指定された桁数にします。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows


















 

-F, 文字列操作
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

REPLACE関数 指定された数の文字を他の文字に置き換えます

FISHERINV関数 フィッシャー変換の逆関数の値をかえします

YEN関数 数値を四捨五入し円書式を設定した文字列に変換します

FVSCHEDULE関数 利率が変動する預金の将来価値をかえします

FV関数 一定の利率を基に投資の将来価値を計算します




人気記事




  • 765,863 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。