データの入力規則

データの入力規則 入力値の種類 整数

投稿日:2019年1月21日 更新日:

データの入力規則

データの入力規則 入力値の種類 整数

 

データの入力規則の、入力値の種類は8つあります。

今回は整数についてです。

整数とは0から順に1ずつ増やすか減らすかすることによってできる範囲の数です。

1,2,3・・・は正の整数。

-5,-6,-7・・・は負の整数です。

整数の条件指定ができます。

 

条件を指定するデータは8種類あります。

一覧にしました。

 

実際に指定してみます。

データは次の値の間。

最小値が5、最大値が15とします。

 

入力時メッセージのタブを選択します。

データの入力時メッセージを表示するにチェックを入れます。

タイトルは、「指定の範囲で入力してください」とします。

メッセージには、「5~15の間の数値を入力してください」と入力しました。

 

すると、そのセルを指定した時に、メッセージが表示されました。

入力時メッセージについては以下で記事にしています。

データの入力規則 入力時メッセージ

 

エラーメッセージタブを選択します。

スタイルを注意を選びます。

タイトルは、「指定の範囲で入力してください」とします。

エラーメッセージには、「5~15の間の数値を入力してください」と入力しました。

 

指定した5~15の範囲外のデータを入力すると、注意のメッセージが表示されました。

エラーメッセージについては以下で記事にしています。

データの入力規則 エラーメッセージ

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows










 

 

 

 

- データの入力規則
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

データの入力規則 日本語入力

データの入力規則 エラーメッセージ

データの入力規則 入力値の種類 文字列(長さ指定)

データの入力規則 プルダウンでリストを表示させたい

データの入力規則 入力時メッセージ




人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。