C 統計

COVARIANCE.S関数 標本の共分散をかえします

投稿日:

COVARIANCE.S関数

COVARIANCE.S関数(コバリアンス・エス関数) 標本の共分散をかえします。

共分散とは、2組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。

 

COVARIANCE.S関数を入力します。

配列1・配列2には整数のデータセルを指定。

 

標本の共分散がかえりました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows










 

 

-C, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

SMALL関数 データの中で指定された番目に小さなデータを返します

EXPON.DIST関数 指数分布関数の値をかえします

VAR.S関数 母集団の標本を使って分散をかえします

AVERAGE関数 平均値を返します

AVERAGEA関数 AVERAGE関数との違いについて

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。