C 統計

COVARIANCE.S関数 標本の共分散をかえします

投稿日:

COVARIANCE.S関数

COVARIANCE.S関数(コバリアンス・エス関数) 標本の共分散をかえします。

共分散とは、2組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。

 

COVARIANCE.S関数を入力します。

配列1・配列2には整数のデータセルを指定。

 

標本の共分散がかえりました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows










 

 

-C, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

CELL関数 参照の左上隅にあるセルの情報を返します

CHISQ.INV.RT関数 カイ2乗分布の右側確率の逆関数の値をかえします

MODE関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします

STDEV.S関数 引数を標本と見なし標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します

COS関数 数値のコサインを返します




人気記事




  • 254,745 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。