C 統計

CONFIDENCE.T関数 スチューデントの T 分布を使用して、母集団に対する信頼区間をかえします

投稿日:2019年2月10日 更新日:

CONFIDENCE.T関数

CONFIDENCE.T関数(コンフィデンス・ティー関数)スチューデントの T 分布を使用して、母集団に対する信頼区間をかえします。

信頼区間とは、平均値の信頼性を示す統計的な指標で、母数の存在範囲の推定の指標となる数です。

 

CONFIDENCE.T関数を入力します。

Aには、信頼度を計算するために使用する有意水準を指定します。

標準偏差には、データ範囲の母標準偏差を指定します。

標本数には、標本数を指定します。

 

母集団に対する信頼区間がかえりました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows











 

 

-C, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

CELL関数 参照の左上隅にあるセルの情報を返します

FREQUENCY関数 度数分布表をつくる

STDEVPA関数 数値・文字列・論理値を母集団全体とし母集団の標準偏差を計算します

COUNTIF関数 検索条件に一致するセルの個数をかえします

VAR.S関数 母集団の標本を使って分散をかえします

人気記事




  • 27,446 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。