D 統計

DEVSQ関数 標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします

投稿日:2019年3月12日 更新日:

DEVSQ関数

DEVSQ関数(ディービエーション・スクエア関数)標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします。

 

DEVSQ関数を入力します。

数値には偏差の平方和をもとめたい引数、または配列を指定します。

数値は1~255個まで指定できます。

 

標本の平均値に対するデータの偏差の平方和がかえりました。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows











 

-D, 統計
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

DMIN関数 データーベースより条件を満たすレコードの最小値をかえします

SMALL関数 データの中で指定された番目に小さなデータを返します

CORREL関数 2つのデータ間の相関係数を返します

STDEV.P関数 引数を母集団全体であると見なして母集団の標準偏差を返します

EXPON.DIST関数 指数分布関数の値をかえします




人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。