D 統計

DEVSQ関数 標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします

投稿日:2019年3月12日 更新日:

DEVSQ関数

DEVSQ関数(ディービエーション・スクエア関数)標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします。

 

DEVSQ関数を入力します。

数値には偏差の平方和をもとめたい引数、または配列を指定します。

数値は1~255個まで指定できます。

 

標本の平均値に対するデータの偏差の平方和がかえりました。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows











 

-D, 統計
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

CONFIDENCE.NORM関数 正規分布を使用して母集団の平均値に対する信頼区間をかえします

RANK.EQ関数 数値が参照範囲内で何位かかえします

BETA.INV関数 ベータ累積確率密度関数の逆関数の値をかえします

FORECAST関数 回帰直線上の値をかえします

DPRODUCT関数 データーベースから検索し条件を満たすレコードの積をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。