D 統計

DEVSQ関数 標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします

投稿日:2019年3月12日 更新日:

DEVSQ関数

DEVSQ関数(ディービエーション・スクエア関数)標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします。

 

DEVSQ関数を入力します。

数値には偏差の平方和をもとめたい引数、または配列を指定します。

数値は1~255個まで指定できます。

 

標本の平均値に対するデータの偏差の平方和がかえりました。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows











 

-D, 統計
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

MAX関数 最大値を取得します

CONFIDENCE.NORM関数 正規分布を使用して母集団の平均値に対する信頼区間をかえします

FREQUENCY関数 度数分布表をつくる

DOLLARFR関数 小数表記のドル価格を分数表記に変換します

DVARP関数 データベースより条件を満たす値を母集団全体として母集団の分散をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。