D 統計

DEVSQ関数 標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします

投稿日:2019年3月12日 更新日:

DEVSQ関数

DEVSQ関数(ディービエーション・スクエア関数)標本の平均値に対するデータの偏差の平方和をかえします。

 

DEVSQ関数を入力します。

数値には偏差の平方和をもとめたい引数、または配列を指定します。

数値は1~255個まで指定できます。

 

標本の平均値に対するデータの偏差の平方和がかえりました。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows











 

-D, 統計
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

VAR.P関数 母集団全体を対象に分散をかえします

DATEVALUE関数 文字列からシリアル値をかえします

STDEV.S関数 引数を標本と見なし標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します

DVARP関数 データベースより条件を満たす値を母集団全体として母集団の分散をかえします

RANK関数 数値が参照範囲内で何位かかえします




人気記事




  • 327,269 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。