区切り位置

区切り位置指定ウィザード 文字列の日付を日付形式にする

投稿日:2019年3月18日 更新日:

区切り位置指定ウィザード

区切り位置指定ウィザードをつかって、文字列の日付を日付形式にします。

 

文字列で日付が入っている一覧があります。

これを日付形式に変換します。

 

セルを選択し、データタブにある区切り位置をクリック。

 

区切り位置指定ウィザードのダイアログボックスが出てきます。

スペースによって右またひ左に揃えられた固定長フィールドデータを選択し、次へをクリック。

 

フィールドの幅を指定してくださいのダイアログボックスは、そのまま次へをクリック。

 

日付にチェックをいれて、完了ボタンを押します。

 

文字列が日付形式に変換されました。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows










 

-区切り位置
-, , , ,

執筆者:

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。