F 統計

F.INV関数 確率分布の逆関数をかえします

投稿日:2019年4月7日 更新日:

F.INV関数

F.INV関数(エフ・インバース関数)確率分布の逆関数をかえします。

F.INV関数はF.DIST関数の逆関数になります。

F.DIST関数 F確率分布をかえします

 

F.INV関数を入力します。

確率には、F累積分布における確率を指定します。

自由度1には、 自由度の分子を指定します。

自由度2には、 自由度の分母を指定します。

 

確率分布の逆関数の値がかえりました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows






 

 

-F, 統計
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

TRIMMEAN関数 データの中間項平均をかえします

FISHERINV関数 フィッシャー変換の逆関数の値をかえします

STDEV.S関数 引数を標本と見なし標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します

AVERAGE関数 平均値を返します

MODE関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします




人気記事




  • 765,860 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。