A 数学/三角

AGGREGATE関数 指定された集計方法でデータベースの集計値をかえします

投稿日:2019年5月29日 更新日:

AGGREGATE関数

AGGREGATE関数(アグリゲート関数)指定された集計方法でデータベースの集計値をかえします。

 

AGGREGATE関数は、集計方法を指定する事でデーターベースの集計値をかえしてくれる関数です。

 

集計方法は数値で指定します。

以下の一覧の通りです。

集計方法 関数
1 AVERAGE
2 COUNT
3 COUNTA
4 MAX
5 MIN
6 PRODUCT
7 STDEV.S
8 STDEV.P
9 SUM
10 VAR.S
11 VAR.P
12 MEDIAN
13 MODE.SNGL
14 LARGE
15 SMALL
16 PERCENTILE.INC
17 QUARTILE.INC
18 PERCENTILE.EXC
19 QUARTILE.EXC

 

オプションも数値で指定します。

以下の一覧の通りです。

オプション

動作
0 または省略 ネストされた SUBTOTAL 関数と AGGREGATE 関数を無視します。
1 非表示の行、ネストされた SUBTOTAL 関数と AGGREGATE 関数を無視します。
2 エラー値、ネストされた SUBTOTAL 関数と AGGREGATE 関数を無視します。
3 非表示の行、エラー値、ネストされた SUBTOTAL 関数と AGGREGATE 関数を無視します。
4 何も無視しません。
5 非表示の行を無視します。
6 エラー値を無視します。
7 非表示の行とエラー値を無視します。

 

 

実際にAGGREGATE関数を入力してみます。

上記データを、各集計方法で集計値をかえしたいと思います。

 

集計方法には、NOのセルを指定。

オプションはここでは省略します。

配列は、売上のデータセル全体を指定。

順位は、順位セルを指定します。

※順位が関係のない集計方法の場合は、省略してください。

 

各集計方法で集計値が返りました。

各関数については、以下で記事にしています。

AVERAGE

COUNT

COUNTA

MAX

MIN

PRODUCT

STDEV.S

STDEV.P

SUM

VAR.S

VAR.P

MEDIAN

MODE.SNGL

LARGE

SMALL

PERCENTILE.INC

QUARTILE.INC

PERCENTILE.EXC

QUARTILE.EXC

 

 

VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック (模擬問題プログラム付き)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 田中亨/著

価格:3,024円
(2019/5/7 15:02時点)
感想(0件)


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows






 

-A, 数学/三角
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

SUMSQ関数 引数の2乗の合計をかえします

TANH関数 数値の双曲線正接を返します

SQRTPI関数 数値×πの平方根をかえします

ATANH関数 数値の双曲線逆正接をかえします

LOG関数 指定された底に対する数値の対数をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。