T 統計

TREND関数 回帰直線による予測値を返します

投稿日:2019年7月1日 更新日:

TREND関数

TREND関数(トレンド関数)回帰直線による予測値を返します。

回帰直線とは、2組のデータの、中心的な分布傾向を表す直線の事です。

 

TREND関数を入力していきます。

既知のyには、y=mx+b となる既にわかっているyの値の範囲または配列を指定します。

既知のxには、y=mx+b となる既にわかっているxの値の範囲または配列を指定します。

新しいxには、yの値を計算する新しいxの値の範囲または配列を指定します。

定数には、bを0にするか論理値で指定します。TRUEまたは省略の場合はbの値も計算され、FALSEを指定すると0とみなされます。

 

回帰直線による予測値が返されました。

 

 

配列による指定もできます。

同じように指定します。

Shift + Ctrl + Alt を押し配列にします。

 

ドラックアンドドロップして数式を伸ばします。

3年間の予測値が返りました。

 

 

VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック (模擬問題プログラム付き)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 田中亨/著

価格:3,024円
(2019/5/7 15:02時点)
感想(0件)


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows







 

-T, 統計
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

STDEV.S関数 引数を標本と見なし標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します

MEDIAN関数 指定された数値範囲の中央値をかえします

COUNTIFS関数 複数の特定条件に一致するセルの個数をかえします

MODE関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします

BETA.DIST関数 ベータ分布をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。