■ 目的別

目的別 名前の管理を使い検索範囲を変える

投稿日:2019年7月22日 更新日:

目的別

目的別 名前の管理を使い検索範囲を変える。

今回は名前の管理とVLOOKUP関数を使って、検索値を判断して検索範囲を可変にしたいと思います。

今回使う関数については以下で記事にしています。

VLOOKUP関数 先頭列で検索して対応する値をかえします

MID関数 フルネームから姓と名を別々に取り出す

IF関数 理論式の結果に応じて指定した値をかえします

 

左の表にVLOOKUP関数をつかって価格をかえしたい。

しかし、品番によって検索範囲が異なるとします。

Aではじまる品番の場合は、E~F列の検索範囲を。

Bではじまる品番の場合は、H~I列の検索範囲をしていしたい。

 

まず、名前の管理をつかって、検索範囲に名前を付けます。

リボンの数式を選択し、名前の管理を押します。

 

ダイアログボックスが出てきましたら、新規作成をクリック。

 

名前をAとし、Aの品番の範囲を参照範囲に指定します。

 

Bから始まる品番の検索範囲も同じように指定します。

 

VLOOKUP関数を入力します。

検索値はB3セル。

範囲にIF関数をネストします。

列番号は2、検索方法は0とします。

 

IF関数の理論式には、MID(B3,1,1)=”A” と入力。

真の場合はA、偽の場合はBとします。

 

=VLOOKUP($B3,IF(MID(B3,1,1)=”A”,A,B),2,0)

品番によって検索範囲を判断し可変となりました。

 

 

VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック (模擬問題プログラム付き)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 田中亨/著

価格:3,024円
(2019/5/7 15:02時点)
感想(0件)


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows







 

 

 

-■ 目的別
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

目的別 年齢から西暦をもとめる

目的別 INDEX関数・SUM関数で指定した範囲の合計をかえします

目的別 AVERAGEIFS関数で日付を条件に指定する

目的別 SEARCH関数で文字列が含むが含まないかを判断する

目的別 ANDとORの違いについて

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。