■ 目的別

目的別 LAGE関数で飛び飛びの範囲を指定する

投稿日:2021年7月27日 更新日:

目的別

目的別 LAGE関数で飛び飛びの範囲を指定します。

 

上記の表があります。

毎月の売上・来店数が一番の店舗の数値を右の表に返したい。

LAGE関数を使うのですが配列の範囲が飛び飛びになります。

 

その時は()で範囲を囲みます。

=LARGE((C4,E4,G4),1)

 

飛び飛びの範囲の指定でも1番目に大きな数値がかえりました。






派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows





 

-■ 目的別
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

目的別 INDEX関数とMATCH関数を使って成績の評価をつけます

目的別 SEARCH関数で文字列が含むが含まないかを判断する

目的別 AVERAGEIF関数で日付を条件に指定する

目的別 COUNTIF関数で重複データを抽出する

目的別 Power Queryを使ってみる

目的別   目的別 Power Queryを使ってみる Power Query は、データ ソースを、接続、結合、絞り込みなどで分析する機能です。 Power Queryは2016からアドイ …




人気記事




  • 574,314 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。