D 日付/時刻

DATEDIF関数で日数・月数・年数を数える

投稿日:2018年1月14日 更新日:

DATEDIF関数

DATEDIF関数(デートディフ関数)は以下の図のようにヘルプにありません。

なので数式を直接入力します。

 

 

まずは上記の日付間の日数を数えます。

 

日付の始まりのセルと、日付の終わりのセルを指定し、”D”と入力。

”D”は、DAY、日という事です。

 

30日間と計算されました。

 

次は月。

同じように始まりと終わりを指定して”M”と入力。

”M”は、Month、月という事です。

 

月数が計算されました。

 

年の場合はYEARの”Y”。

 

年数が計算されました。

 

DAYS360関数というのもありますが、1年を360日(30 日 x 12) として計算されます。アメリカ証券方式のようです。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング





エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン


レンタルサーバーなら【Z.com】

駅ばりポスターのデザイン作成から掲出までおまかせ!ラクスルの集客お

まかせパック

-D, 日付/時刻
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

YEAR関数 シリアル値から年をかえします

DATESTRING関数 日付を和暦に変換します

DOLLAR関数 数値を四捨五入しドル書式を指定します

NETWORKDAYS関数 出勤日数を算出したい

DOLLARFR関数 小数表記のドル価格を分数表記に変換します

人気記事




  • 27,446 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。