I 検索/行列

INDIRECT関数で効率よく

投稿日:2018年1月15日 更新日:

 

INDIRECT関数

INDIRECT関数(インダイレクト関数)について。

Sheet間の集計が楽にできます。

INDIRECTの意味は間接的なになります。

 

1月、2月とSheetが分かれている売り上げがあります。

 

それを合計Sheetにまとめて集計したいです。

 

品目ごとに集計するのでSUMIF関数ですね。

 

検索条件は品目列、りんごです。

問題は検索条件範囲と合計範囲です。

ここでINDIRECT関数を使います。

 

INDIRECT関数をネスト。

SUMIFの範囲欄に、月(合計SheetのセルD$3)&セル(月ごとのSheetの品目セル)を指定。

 

同じく合計範囲に、月(合計SheetのセルD$3)&セル(月ごとのSheetの合計したい数値のセル)を指定。

 

そのまま下へドラックアンドドロップで合計が出ました。

INDIRECT関数は便利です。

 

 

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング




エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン


レンタルサーバーなら【Z.com】

-I, 検索/行列
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

IMARGUMENT関数 引数Θ(複素数を極形式で表現した場合の偏角)を返します

IMPRODUCT関数 複素数の積をかえします

IMSIN関数 複素数のサインをかえします

VLOOKUP関数 先頭列で検索して対応する値をかえします

IMEXP関数 複素数のべき乗をかえします

人気記事




  • 27,446 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。