E 情報

ERROR.TYPE関数 エラーの種類を数値で返す 書式設定などに便利

投稿日:2018年1月16日 更新日:

ERROR.TYPE関数

ERROR.TYPE関数(エラータイプ関数) エラーの種類を数値で返す 書式設定などに便利

ERROR.TYPE関数はエラーの種類を数値で戻してくれる。

戻り値の一覧は以下の通り。

 

エラーの意味を返してもらっても、何に使えばよいのか?

例えば複雑な資料を提出してもらう場合など、注意を促すために色をつける書式設定などに便利です。

 

ホームタブにある条件付き書式をクリック。

 

ルールの管理を選択。

 

新規ルールボタンを押して。

 

=ERROR.TYPE(F4)>=1と入力。

エラーがあれば1以上になるので、1以上ならばオレンジの書式設定にするという意味。

 

エラーがある部分がオレンジ色に塗りつぶされました。

 

エラーに関する関数は他にもいろいろあります。

以下の通り。

ERROR.TYPE()
IFERROR()
ISERR()
ISERROR()
ISNA()

また記事にしたいと思います。

 

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング




エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン


レンタルサーバーなら【Z.com】

-E, 情報
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

EXACT関数 2つの文字列が等しいかどうかをかえします

ISBLANK関数 セルが空白か空白ではないか判断します

N関数 対象となる値を数値に変換します

INFO関数 現在の操作環境に関する情報を返します

EFFECT関数 指定された名目年利率と 1 年あたりの複利計算回数を基に実効年利率をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。