C 文字列操作

CONCATENATE関数 使い方

投稿日:2018年1月17日 更新日:

CONCATENATE関数

CONCATENATE関数(コンキャティネイト関数)、意味は連結。

文字列を連結する関数。

 

例えば、姓と名が分かれているリストでフルネームを表示したい。

 

文字列1に姓のセルを。

文字列2は空白を入れたいので” ”と入力。

文字列3は名のセルを。

 

フルネームが表示された。

 

CONCATENATE関数はあまり使わないのではないか?と言われます。

なぜなら、&でつなげば同じ事ができてしまうから。

キーで関数を打ち込む人にはいらないのかもしれませんが・・・・

 

私は以前記事にしたINDIRECT関数に入れ子するときによく使います。

INDIRECT関数の記事は以下のリンクで。

INDIRECT関数で効率よく

 

 

なぜかというと、間違いに気が付きやすいからです。

&でつなぐと、絶対参照の$とごっちゃになって間違ってしまうからです。

CONCATENATE関数なら、文字列1、文字列2、文字列3と区切って指定できるから。

シートを指定する ! マークを忘れた!!など間違いに気が付きやすいのです。

 

上記の図ように、間違いなく、Sheet1月の、セルC3の値がかえってきました。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

-C, 文字列操作
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

T関数 文字列以外は空白をかえします

CUMPRINC関数 貸付金に対して支払われる元金の累計をかえします

LEFTB関数 文字列の先頭から指定された数(バイト数)の文字を返します

COUNTIFS関数 複数の特定条件に一致するセルの個数をかえします

REPT関数 文字列を指定された回数だけ繰り返します

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。