数学/三角

SUMIFS関数 指定された複数検索条件に一致する値を合計します

投稿日:

SUMIFS関数

SUMIFS関数(サムイフエス関数)指定された複数検索条件に一致する値を合計します。

以前SUMIF関数については記事にしました。

SUMIF関数 指定された検索条件に一致する値を合計します

 

今回のSUMIFS関数は、複数の条件を指定できます。

最大で127個条件を指定し、合計をもとめる事ができます。

 

上記の図のように、カテゴリ(食料品と衣料品)が2つあり、その実績をもとめたい場合に使います。

合計対象範囲を E$3:E$14 と指定。

絶対参照・相対参照・複合参照については以下の記事を参考にしてください。

関数を入力する際に、知っておくべき事になります。

基本的なこと 絶対参照・相対参照・複合参照

条件範囲1は食料品・衣料品のセルを選択。

条件1を食料品と記入のあるセルを選択。

ダブルクオーテーションで ”食料品” と入力する事も可能です。

条件範囲2は実績・目標のセルを選択。

条件2を実績と記入のあるセルを選択。

 

入力した数式をコピーして、合計のセル範囲にペースト。

各カテゴリごとの実績が計算されました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

-, 数学/三角
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

STDEVA関数 数値・文字列・論理値を標本と見なし母集団の標準偏差の推定値を返します。

ROUNDUP関数 数値を切り上げて指定された桁数にします

SQRT関数 数値の平方根をかえします

STDEV.P関数 引数を母集団全体であると見なして母集団の標準偏差を返します

LN関数 数値の自然対数をかえします

人気記事




  • 28,187 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。