C 統計

COUNTA関数 空白ではないセルの個数を数えます

投稿日:2018年2月18日 更新日:

COUNTA関数

COUNTA関数(カウント・エー関数) 空白ではないセルの個数を数えます。

COUNTA関数は基本の関数になると思います。

覚えておくと便利です。

上記のような表があります。

受講回数をカウントしたいと思います。

 

COUNTA関数でセルC3:F3を選択。

 

そのまま式を下のセルまでドラック。

空白でないセルの個数がかえりました。

 

前回はCOUNT関数を記事にしました。

COUNT関数 数値データをカウントします

COUNT関数にはいくつか種類があります。

COUNT
COUNTA
COUNTBLANK
COUNTIF
COUNTIFS
DCOUNT
DCOUNTA
CUBESETCOUNT

順番に記事にしたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-C, 統計
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

FREQUENCY関数 条件を指定して度数分布表をつくる

AVERAGEIFS関数 特定の条件(複数)に一致する数値の平均をかえします

NEGBINOM.DIST関数 負の二項分布をかえします

STDEVA関数 数値・文字列・論理値を標本と見なし母集団の標準偏差の推定値を返します。

MAXA関数 数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします




人気記事




  • 765,862 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。