C 統計

COUNTBLANK関数 空白セルの個数をかえします

投稿日:2018年2月19日 更新日:

COUNTBLANK関数

COUNTBLANK関数(カウントブランク関数)空白セルの個数をかえします。

前回COUNTA関数を記事にしました。

COUNTBLANK関数は、COUNTA関数の逆で、空白セルの個数を数えます。

COUNTA関数 空白ではないセルの個数を数えます

 

上記の図のように、未受講の研修の数を数えたい。

 

COUNTBLANK関数で範囲をC3:F3に指定します。

 

そのまま数式を下へドラック。

未受講件数(空白)がカウントされました。

 

COUNT関数にはいくつか種類があります。

COUNT
COUNTA
COUNTBLANK
COUNTIF
COUNTIFS
DCOUNT
DCOUNTA
CUBESETCOUNT

順番に記事にしたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-C, 統計
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

CODE関数 先頭文字の数値コードを返します

LARGE関数 データの中で 指定した番目に大きなデータを返します

BINOM.INV関数 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値をかえします

VAR.P関数 母集団全体を対象に分散をかえします

COUNTA関数 空白ではないセルの個数を数えます




人気記事




  • 351,693 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。