C 統計

COUNTBLANK関数 空白セルの個数をかえします

投稿日:2018年2月19日 更新日:

COUNTBLANK関数

COUNTBLANK関数(カウントブランク関数)空白セルの個数をかえします。

前回COUNTA関数を記事にしました。

COUNTBLANK関数は、COUNTA関数の逆で、空白セルの個数を数えます。

COUNTA関数 空白ではないセルの個数を数えます

 

上記の図のように、未受講の研修の数を数えたい。

 

COUNTBLANK関数で範囲をC3:F3に指定します。

 

そのまま数式を下へドラック。

未受講件数(空白)がカウントされました。

 

COUNT関数にはいくつか種類があります。

COUNT
COUNTA
COUNTBLANK
COUNTIF
COUNTIFS
DCOUNT
DCOUNTA
CUBESETCOUNT

順番に記事にしたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-C, 統計
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

KURT関数 データの尖度をかえします

STDEV.P関数 引数を母集団全体であると見なして母集団の標準偏差を返します

CHISQ.DIST関数 カイ2乗分布の左側確率の値をかえします

MODE.SNGL関数 データの中で最も頻繁に出現する値をかえします

AVERAGEIF関数 特定の条件に一致する数値の平均をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。