C 統計

COUNTBLANK関数 空白セルの個数をかえします

投稿日:2018年2月19日 更新日:

COUNTBLANK関数

COUNTBLANK関数(カウントブランク関数)空白セルの個数をかえします。

前回COUNTA関数を記事にしました。

COUNTBLANK関数は、COUNTA関数の逆で、空白セルの個数を数えます。

COUNTA関数 空白ではないセルの個数を数えます

 

上記の図のように、未受講の研修の数を数えたい。

 

COUNTBLANK関数で範囲をC3:F3に指定します。

 

そのまま数式を下へドラック。

未受講件数(空白)がカウントされました。

 

COUNT関数にはいくつか種類があります。

COUNT
COUNTA
COUNTBLANK
COUNTIF
COUNTIFS
DCOUNT
DCOUNTA
CUBESETCOUNT

順番に記事にしたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-C, 統計
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

COS関数 数値のコサインを返します

PERCENTILE.EXC関数 データを小さい順に並べた時指定した率の位置にある数値を返す

AVERAGE関数 平均値を返します

AVERAGEIFS関数 特定の条件(複数)に一致する数値の平均をかえします

CONFIDENCE.NORM関数 正規分布を使用して母集団の平均値に対する信頼区間をかえします




人気記事




  • 457,519 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。